RE:あらかじめ失われた日記

おっさんです。葉巻大好きなのに最近吸えてないのが悲しい。よろしくお願いします。 好きな短歌:「みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ」大橋巨泉の詠みたるものなり。

恋愛騒動その四(終わり)

少し気力が戻ってきたので再開します。

ぶつ切りになるかも。

 

確かに馬鹿とはセックスを楽しみました。でもそれは彼女と同じ楽しみでした。する気はなかった、などと言い訳はしません。でも誘われたら少し考える下地は私にもありました。

 

修羅場やらかして自分だけ帰る、とか自分がどんな阿呆なことをやらかしたのか、彼女から問い詰められて、すごく落ち込みましたが、全部自分のせいなので何も言い返せませんでした。

彼女から来たメールをコピペしたとは言え、転送しちゃうくらい間抜けなことはありません。何をやっているのか自分でもわかりません。もしかしたら彼女のジェラシーを掻き立てたかったのかも知れません。

私が彼女にとって、いかに有益、大切なものであるかを伝えたかったのかも知れません。

でも彼女はそう受け取らず、単に私が浮気をした、という一点でのみ私を責めました。

 

ザコメンタルなので、彼女の言葉は心に突き刺さります。そのあげく何を考えたか、一ヶ月後私は馬鹿の家に突撃してしまうのです。

旦那さんがいたらとか、そういう事は考えずに馬鹿の家に向かい、集合住宅の郵便受けを眺めて、同名の家を探します。

幸いにして同名の家はなかったので、簡単に呼び出せました。

自己紹介するとうろたえるような声が聞こえます。何しに来たのか。と問われたので「旦那さんに事の顛末を話し、謝りたい」というと馬鹿は、かえれ!という言葉でインターフォンを切りました。

もしここに旦那さんがいたらどうするのか。後で知ったのですが、不貞の賠償金は1千万が相場だそうです。そんな事はもとより承知なのに、なぜ行ったのか?自分でもわかりません。

けれど、彼女はその顛末を聞いてもふーん、としか言いませんでした。

 

もう見限っていたのでしょう。

私が必至でとった行動は彼女にとって、そうよかったね、くらいのものだったのです。

顛末というものでもありませんが、恋愛に破れ、うつ病に罹り、国定難病に罹り、こんな生活をしているのも、きっと報いなのです。

何の報いかは知りませんが。

 

君はこの恋愛を楽しんだかい?

それならいいのだけど。ついそう聞いてしまいたくなるのが、拘泥する粘着質の性格だからでしょうか。何もかも振り捨てようと、彼女は思っていたようですから。それは成功です。もう10年前のおはなしです。いまさら何を憂うことが有るでしょう。

 

これでは、うつ病は治りませんね。しかも手術跡の後遺症の不自由を恨んでいるようでは、一生おぼつきませんね。

 

そうだ死のう!(死ぬ死ぬ詐欺

あらかじめ失われた日記

今回はストレートにタイトル通りです。(うん?)

 

私は結婚するまでは恋愛至上・コントロール可能論者でした。恋愛は自分でコントロールできると思っていたわけです。

事実、結婚もそれまでの恋愛も自分の意志で決めてきましたし、相手に振り回されることもなかったわけです。

まあ、それは間違いだったのですが。

そして結婚後、恋愛関係に陥った事で、自分の論説が実は自身を欺く思考だったことに気づきます。運命の相手に巡り合ったからです。

最初は肉体の関係で、そこから恋が始まったわけですが、すぐ自分の今までの考えは、間違いだったと思うのです。

しかしそれも愚行を補強するための思考でしか無いと、10年経ってようやく思い当たります。

いくら運命の恋の相手と思っていても、結婚していれば結局は他人なのです。

愛を語り恋に生きようとして、許されざる罪を背負い込んでも、相手はそれを褒めてはくれません。それどころかそれが当たり前という事だったのです。妻子を放逐し、20年来の友人を投げ捨て、それでも彼女を失いたくないために、彼女の言葉に従って生きていました。

それが続いた20年とは、何と長い月日でしょう。でも、彼女は私を捨てた。

 

私は今後、自分を罰しながら生きていくしか無いと、今思います。

彼女にもそれは言いたいことが有るでしょう。私の愚行をあげつらいたいこともあるでしょう。

全ては遅いのですが。

 

私は精神的に薄弱な、愚かしい人間なので、彼女と付き合っていく上で何度も己の罪深さと愚かしさを呪い、死のうと思ったか知れません。

死ねなかったことは本当に残念です。

今生きいていることは、恥と思います。

でも、彼女が別離を決意した時に、全ては終わっていたのでしょう。すべての考えが剥落したからこそ、それを感じられたのかもしれません。

己の浅はかさ、弱さ、愚かさが憎いです。

そして、価値のない人間に堕したことが、情けないです。

己を嘲笑することでそれを無理やり封じ込めることだけが、今できるたった一つの方法です。

 

意味?意味などありません。彼女にも私にも、この関係にも。

有るとすれば過去の輝きのような価値だけでしょう。でも、それも泥濘の中に落とした水晶のようなものです。

全ては失われた。失われてしまったのです。

 

あらかじめ失われることを決定されていたように。

メンタルヘルスなんか、くたばっちまえ

そんなわけで、メンタルヘルスというサトゥルヌスみたいな悍ましい怪物に人生を食われている万里貴弘です。珍小鳥とも言います。しかし名など関係はない、とも言えるので、好きにお呼びください。

しばらく小説書くのが楽しくて書いていたわけですが、やっぱりインプットがないとアウトプットは出来ないよなー、などと世迷い言を抜かしておるわけです。ちょっと疲れることもいくつかあったりして。

でもまあ、それではどうにも、おえん。これじゃあ、はああかんじゃろう。(はあ、は接頭語)

そんなわけで、読者企画でもやってみるかと思った次第。だいたいメールも普段来ないのに、こういう企画すると当たり前のように何も反応がなくて、無為に過ごしてしまうわけですが。

まあ、やってみたいじゃん?

メンタルヘルスとか小説とか短歌とか、プライベートでもいいですよ?聞いてみたいことがあったら、コメントかTwitterで質問してください。Twitterの方では

peing.net何ていう匿名の質問箱もありますので、よろしければどうぞ。

さーて質問くるかなーわくわく→なにもこない…やむ…という流れが今から見えるようです。ザコメンタルなので。

この偽善に満ちた世界に生まれて

タイトルは思いついただけなので内容に関係ありません。

 

またもや懲りずにパソコンの話です。

これやると、本当読者がついてきてくれないんですよね。

皆さんまたかと思われるようで、アクセス数が、がくんと減るw

まあ趣味なのでそれはいいんですが。結局読み物を皆さんお好みのようなので、雑感とか小説とか短歌とか、書いた時に見ていただいて。出来れば感想欲しいけど。

まあそれは増上慢であるでしょうが。

 

BOINCを回しているサブマシンは、PCIバスを2つ持っているんですが、1つはUSB2.0の4口ハブだけで、片方空いていたんですね。

なにか面白い増設ボードとか無いかなあ、と探していたんですが、なかなか見つからない。あってもとてつもなく高価いか、あまりに限定的な用途で使い方が見つからない。今どきRS232Cなんか増設してどうするんだ的な。

で、ちょこちょことAmazonとか見ていたわけですが、PCI接続のグラフィックボードが目についた。そう言えばコイツはずっとGPUの画像出力だったな…と思い、グラボをつけようと思い立ったわけですが。

先述のAmazonではなんか新品19800円とかするわけです。

あほか。

その値段で買うやつがいたら見てみたいわ!

これは探すしか無い!と、困った時のジモティーで検索しました。

そうすると、Amazonのと同等品がタダで出品されているではありませんか。中古だけれど、メーカーが違うだけで内容は同じNVIDIA GeForce6200搭載です。どうせこの頃の製品は手に入れば御の字、新品だって倉庫に仕舞われていた在庫品のはずなので、全く問題になりません。

さて取引を依頼し、無事入手出来たので設置をやってみましたが、これがうまくいかない。なんか画面が表示されないんです。

これはハズレを引いたか…と、ちょっと青ざめながらいろいろとドライバや設定を切り替えてみますが、どうにも反応がない。

いろいろ手詰まりになって、これはだめだ…と、諦めて片付け、寝ることにしたんですが、横になってから一つ思いついて寝られなくなりました。それはグラボではなく、マシンの方に設定が必要ではないのか、という点です。

これについては事前に検索してみてたんですが、情報がなかったんですよね。

なので、またもやパソコンの蓋を開けグラボを設置し、マシンのBIOSを確認します。すると、起動時にPCIか内蔵GPUかを選ぶ選択肢があるではないですか。

ちょっとドキドキしながら設定を切り替え、PCI表示を選択して再起動。

無事に表示されました!

 

いやーほんと一時は財産というゴミを手に入れたかとブルーになってたんですが、表示されたときはうれしかったですね。

10時間ほどグラボと悪戦苦闘していたので喜びもひとしおです。まあこれが仕事だったら、こんな事で時間引っ張りすぎってかなり怒られるかも…でも手探りで確認して結局なんとかしたんだから、褒められる案件ですw

そんなこんなで、PCIは埋まり、windowsは画面表示され、

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這い、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。

 

さて、心安んじて寝ましょう。

さよならさきちゃん

そろそろ初夏の風を感じる日のことだった。私は彼女の家からはまっすぐ見えない路地から出て、彼女の家の壁に寄りかかりながら、彼女が出てくるのを待っていた。

以前はそうして家の前で待っていたものだから、彼女の年老いた母にあやうく見咎められそうになったのだ。

私と彼女の関係は、他人、況してや自分の親にはあまり好ましいものではない、と彼女に叱られたので、しかたなく路地で彼女が出てくるのを待つしかなくなったのだった。

それでも、彼女はその後に優しく、「あなたには罪はないのよ、ただ人に知られるのがいけないだけ」と髪をなでてくれたものだ。

だが、今日は家の前で堂々と待つことにした。少しでも彼女に早く会いたかったのだ。

彼女とのいろいろな事を思い出していると、壁の向こうでドアが開く音が聞こえた。

「早くに帰りますから、大丈夫よ。おやつは台所へ置いておきました」

彼女は少し癖のある、ゆっくりしたイントネーションでそういうとドアを閉め、道路に出てきた。左右を少し確かめると、私に気づかないふりをしてそっといつもの場所に向かって歩きはじめる。

私は彼女の姿を見ると我慢できず、小走りで彼女に追いついた。

私が並んで歩きだすと、彼女は初めて私に気付いたような顔をして、少しはにかんで笑った。どちらからともなくそっと手を握りあう。彼女の手は握りしめていたからだろうか、少し熱いくらいだった。

いつもの場所で、彼女は羽織っていた服を脱ぎ捨て、私に言った。

「今日は素敵なことがあったの!わたし、教室で褒められたのよ!」

嬉しげに語る彼女を見ていると、私までうれしくなる。よく話を聞かないまま、それでも彼女の顔から目を離せずに私は何度もうなずいた。

そうしているうち、彼女は笑いながら私の手を取り、踊り始めた。私も笑って少し遅れながら一生懸命ステップを踏む。二人で踊るうち、彼女は私に抱きついてきた。彼女の体から漂う芳しい太陽のような匂いを胸いっぱいに吸い込むと、もう私は我慢ができなかった。

 

「さあ、私が動くからあなたは後ろから押してちょうだいね。最初は優しくしてくれなきゃダメよ?」

そう言って柱から下がっているロープにつかまり、彼女はそっと私の前で動き始めた。ちょっとした緊張が彼女から感じられる。この体位は初めてするのか、私は彼女の背中に手を付き、ゆっくりと前後させた。段々と揺れは大きくなった。

しかし押す力がちょっと強かったのだろう、あっ、と小さな声を上げて彼女がロープを放した。乗っていた板が揺れ、彼女が地面に尻餅をつく。

乗っていた板が彼女にぶつかりそうになり、私は板を押さえようと手を出した。

だがそのせいで板は私の腹に当たり、肋骨に鋭い痛みを感じて私は地面に倒れた。

彼女が大丈夫かと叫ぶが立ち上がれない。痛みのために涙をにじませて、痛いよと訴えた。彼女は急いで立ち上がらせながら、調べてくれる。

さしあたって怪我などはしていないと分かると、彼女は済まなそうに私を見て、小さくごめんね、と言った。

 

「そろそろ帰らなきゃ」

夕映えがだんだん空を染めるのを見上げて、彼女がぽつんと言った。

「僕も帰らないと、お母さんに叱られる」

僕は寂しさを抑えて言った。本当はもっトアノコトイッショニイタイノニ…

さきちゃんは、公園の入り口で僕にさよなら、またあしたね、と別れを告げた。

手を振る僕を名残惜しそうに振り返りながら、さきちゃんは走っていった。

僕も空からあの子を見送ろうと、そっと飛び立った。

もう帰る家を失った幽霊には、それができる精一杯だった。

さよなら、さきちゃん。

われら素敵なエゴイスト感想

ちょくちょくイラストを見せていただいているワイテイ @YT__ さんの同人誌がBOOTHで無料公開されていたので、拝見した。

waitei.booth.pm東方シリーズの二次創作なのであるが、表題作から依神女苑の活躍が楽しい本である。(活躍?)キャラの掘り下げがいい感じなのである。

短編集なのだが、嬉しかったり楽しかったり、どれも面白く読めた。
特に記憶に残るのは、表題作のエンディング、聖白蓮の弱みを見抜き、楽しいな!愉快だな!とステップ踏んじゃう女苑がとても良い。
疫病神である女苑の本領発揮という体で、こちらまで楽しくなる。
 
魅力的なキャラ造形に加えて、画面の表現が綺麗である。一度読んだだけでは気づかないところもあり、何度も読み返してしまう。
さすがにこれだけキャラが濃いと、比那名居天子や豊聡耳の神子も、なかなか出番がない。ちょっと残念かなとも思うが、あくまで女苑が主人公なので、これはこれでありだと思う。
ワイテイさんには、これからも素敵なキャラを描いてほしいと思う。欲を言えばもうちょっと長い話も読んでみたいなーと思ったり。

僕は「あらかじめ失われた恋人たちよ」を知らない

ええ、すごく情けなくて、恥ずかしい話なんですけれど僕は表題作を知らないんですよ。十代の頃から映画はそれなりに見てきたと言えるかと思うのですが、邦画作品となると、がくんと記憶がない。

考えてみると見てきたのは洋画のいわゆるゴア映画、スプラッタの先駆けのようなものとか、SF、ホラー、邦画で言うと時代劇、新東宝の作品をちょこちょこ、最も多いのがアニメ特撮といったオタク活動をしてたのです。

ですから邦画のタイトルも知らない、出演者も知らない、見たことがあるのはATGの制作物を少しと、あと何だろう…取り敢えずまあ、少しは知ってるというていたらくで。

このタイトルは付き合っていた彼女に、ぜひブログに名前をつけてくれとねだってつけたものです。ATGの作品から採られたのを知ったのは、名前で検索してみて、初めて知りました。そしてその後観たいものだとは思いながら、今に至ります。信じられないことに今も観ていない!

それを誇ることは馬鹿のすることですが、かといって今更見るのもな…レンタルにないし…などと言い訳めいてつぶやいてしまいます。アマゾンプライムで観られるのにね。

 

一度、彼女にこのタイトルをどうしてつけたのか、聞いてみたことがあります。でも彼女は言葉を濁して、教えてくれませんでした。

きっと言葉が自分たちを象徴していると、思ったのじゃあないでしょうか。成就せぬ恋、実を結ばぬ花のごとく、それはいつか破綻する水風船、そんな物を連想して答えたんじゃないかな、と今では思います。馬鹿なのでその時には何だかよくわからない不安を感じて、でもそれが何かはわからず、背中にじっとりとした汗をかきながら、良いタイトルだね、とせいぜい虚勢を張って答えた事を覚えています。

きっと彼女は僕の心を読み、そのキョドりっぷりからお見通しで、わかりもしないのにわかったフリをする僕を見て可笑しかったことだろうな、と今ではそんな事を考えます。

あの時はたしかに不幸だったけれど、幸せでもありました。

良い時を過ごしました。

そして、家族を見捨て、ただ一人となり、彼女のために生きる。そんな幸福があるとすれば、まさにその時が幸せでした。でもそれは今考えると悍ましい感情、きっと誰からも非難しかされない事に違いないのです。

だから私はマイナスの人生となったところで、仕方がないのです。あの時の幸福を思い出して、今の不甲斐ない人生を埋める、そんな生活がお似合いなのです。

 

髪の毛がまぶたを覆い、物がよく見えなくなって来ました。みつめると滲んだ世界が見えます。

何かが頬を流れます。きっと目に入った髪のせいで、目がちくちくしたからでしょう。時々、何もしていないのにひどい徒労感と不安、恐怖、そして何もかも捨て去りたい衝動に駆られます。

そんな時は睡眠薬を飲んで、眠りに逃げるしかありません。

それでも悪夢を見るし、部屋の片隅から私を呪う声が聞こえるし、誰かが僕を見ています。

家中の電気を点け、好きな音楽を静かに流しながら、ベッドに座っていると、あの日の幸せが蘇ります。

あの幸せは本当の事だったのに。それを吹き飛ばしてしまった自分の愚かさに体が震えます。でも、いつかは破裂することを予言された水風船のような僕には、そんな事はわからなかった。

明日が怖い。朝日が怖い。愚かな僕はどうやって生きていけばいいんだろう。そんな事を考えながら今日もベッドに座る僕です。